【大激怒!】利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちする?

 

利尻ヘアカラートリートメント

 

白髪を染めていると染めた髪の色持ちや色落ちがすごく気になるところです。染めても染めてもどんどん色が落ちていってしまいます。この色が落ちるときに非常に気になるのが汗や雨。こんな時利尻ヘアカラートリートメントは色落ちするのでしょうか?色落ちさせない方法はあるのでしょうか?

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちするのは本当なの?

 

利尻ヘアカラートリートメントを使っている人の口コミで「汗で色落ちする」というものがあります。白髪を染めている人にとってこれは重要な問題です。実際はどうなんでしょうか?結論から言いますと、利尻ヘアカラートリートメントは汗や雨で色落ちすることがあります。

 

運動している人や、暑い季節になりますと汗を書く機会は非常に多くなります。また雨で濡れることもあります。そんな時に色落ちしてしまうのは本当に嫌な思いをします。しかし、少し汗ばむ程度や少々の雨でしたら問題はありません。

 

大量に汗をかいた場合や激しい雨に打たれてしまった場合は色落ちすることがあります。色落ちすると言ってもびっくりするほど色が落ちることはありませんので安心してください。またスイミングに通っている方、プールの塩素で色が落ちてしまうことがあります。プールに入る時はスイムキャップをかぶりましょう。

 

なぜ利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちするのか?

 

白髪染めなのにどうして利尻ヘアカラートリートメントは汗や雨で色落ちするのでしょう?それは利尻ヘアカラートリートメントがヘアマニキュアだからです。ヘアマニキュアは名前の通り「髪のマニキュア」です。

 

爪にカラーを塗るように、髪のキューティクルに成分を吸着させて表面に止まります。あくまでカラーは表面に留まるだけで内面に浸透しないため髪への負担が圧倒的に軽いのが特徴です。しかしヘアマニキュアは髪の表面についているだけですので非常に落ちやすくなっています。

 

爪にぬるマニキュアも剥がれていくようにヘアマニキュアも剥がれていきます。この剥がれ落ちたヘアマニキュアこそが色落ちの原因です。ヘアマニキュアはシャンプー、ブラッシングをはじめとして、それこそ汗や雨でも剥がれ落ちる要素となるのです。

 

利尻ヘアカラートリートメントを色落ちさせない方法はあるのか?

 

利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュア。それゆえに色落ちしやすいのですが、少しても染めた色をキープしたいですよね。利尻ヘアカラートリートメントを色落ちさせないための方法があります。全部で4つあります。

 

利尻ヘアカラートリートメントを色落ちさせない4つの対策

しっかりすすぐ

すすぎが不十分な場合、汗や雨で髪が濡れると色落ちすることが多くなります。特に濡れた髪に利尻ヘアカラートリートメントを使った場合はすすぎでしっかり洗い流してください。

 

シャンプーを選ぶ

毎日のシャンプーは利尻ヘアカラーシャンプーを使うことで色落ちはかなり防ぐことができます。利尻ヘアカラーシャンプーをはじめとしたアミノ酸系シャンプーを使うことをお勧めします。シリコン入りや石鹸シャンプーはヘアマニキュアをどんどん落としてしまいますのでご注意ください。

 

ドライヤーでしっかり乾かす

髪を洗った後、自然乾燥している人がいますがこれはNG。特に利尻ヘアカラートリートメントを使っている場合は、必ずドライヤーで乾かしてください。濡れた髪の状態で放置していますとヘアマニキュアが非常に取れやすくなっています。ドライヤーでしっかり乾かすことによって色持ちが良くなります。

 

重ね塗りを定期的に行う

まず色を定着させるため、使い始めて3回は連続して使ってください。すると色がしっかりつきます。その後は1週間に1度の使用で色をキープすることができます

 

利尻ヘアカラートリートメントと市販の白髪染めの最大の違いは?


市販の白髪染めと比較すると利尻ヘアカラートリートメントは色落ちが早いです。市販の白髪染めなら汗や雨で色落ちしないのに、利尻ヘアカラートリートメントは比較的落ちやすい。その最大の違いはなんでしょう?

 

それは市販の白髪染めは色素が髪の内部に浸透するのに対して、利尻ヘアカラートリートメントは色素が髪の表面についているだけだからです。内部まで浸透していませんので色落ちしやすいのです。ここで市販の白髪染めと頭皮の関係に触れておきます。

 

市販の白髪染めはアルカリ性でできています。ところが頭皮や髪はその反対の弱酸性。弱酸性のところにアルカリ性のものを塗るわけですから、当然頭皮も髪も荒れてしまいます。これが髪がパサパサしたりゴワゴワする原因です。

 

ここで、市販の白髪染めと利尻ヘアカラートリートメントの違いを比較します。

 

市販の白髪染め

  • 髪の内部に色素が浸透する
  • 髪と頭皮へのダメージが大きい
  • 髪がパサパサしたりゴワゴワになりやすい
  • 発色がいい
  • 色の持ちがいい
  • 危険な薬品を使っているため、かぶれたりアレルギーを起こしやすい
  • 長年使っていると髪にも頭皮にも影響あり
  • ドライヤーの熱や摩擦、紫外線から髪を守らない

 

利尻ヘアカラートリートメント

  • 髪の表面をコーティングして色素が定着する
  • 髪と頭皮へのダメージが少ない
  • 髪がツルツルしてつやが出る
  • 発色が弱い
  • 色の持ちがよくない
  • 危険な薬品を使っていないため、かぶれたりアレルギーを起こしにくい
  • 長年使っていると髪にも頭皮にも影響は少なめ
  • ドライヤーの熱や摩擦、紫外線から髪を守る

 

発色がよく色持ちのいい白髪染め。しかし髪と頭皮にダメージを与えます。一方、利尻ヘアカラートリートメントは白髪染めほど発色も色持ちもよくありません。だけど髪と頭皮にとても優しい処方となっています。

 

白髪は一生染めていくと言っても過言ではありません。白髪染めによるダメージは体にどんどん蓄積されていきます。5年後・10年後の髪や頭皮を考えたら利尻ヘアカラートリートメントで白髪を染めるのがお勧めです!

 

利尻ヘアカラーはどれくらい色落ちするのか?💦もっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。利尻ヘアカラートリートメント使い方